このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

上場企業向け バーチャル株主総会支援サービス Sharely(シェアリー)

バーチャル株主総会を
安心・安全に滞りなく

Sharely(シェアリー)は、バーチャル株主総会の法的リスクや、今年度の他社動向、実施時に失敗しないノウハウなどをお探しのIRご担当者様へ向けたクラウドサービスです。株主総会のシナリオや運営サポートも行っておりますので、ぜひご検討ください。

今、サービス資料をダウンロードいただいた方には「バーチャル株主総会事例集」を無料プレゼント!
なぜやるのか?

コインチェックが今、バーチャル株主総会支援事業を行う理由

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止をきっかけに、バーチャル株主総会の必要性が生じてきたなかで、マネックスグループ株式会社のグループ会社であるコインチェック株式会社では、2020年7月に上場企業400社超の経営者および株主総会担当者を対象に「バーチャル株主総会検討状況」に関するアンケート調査を行いました。その結果、直近の株主総会を「バーチャル株主総会」として開催する意向があると回答した企業が42.7%、特にIT・情報通信業界では66%となっています。今後より一層バーチャル株主総会が普及していくことが予想されます。(アンケート調査結果はこちらからご覧いただけます)

このような状況において、当社では本格的に事業を開始し、より多くの企業がより簡単に、滞りなく「バーチャル株主総会」を開催できるようなサービスの提供することを通じて、株主総会への参加をより身近なものに変え、資産運用や投資を始めるきっかけを提供していきたいと考えています。

Sharely導入事例
不安の8~9割が杞憂に。上場企業がオンライン株主総会を実施する上での失敗しないノウハウとは?
株式会社フィードフォース様 
【上場市場】東証マザーズ 【決算期】5月 【株主数】1,964名 【事業内容】2006年に創業。企業が保有する商品情報をインターネットで配信するための、データフィードサービスを展開。インターネット広告の運用や、SNSアカウントを利用したソーシャルログイン機能の設置サービスも提供している。2020年には広告代理店事業を展開するアナグラム株式会社を買収。B2B領域でイノベーションを起こし続け、『「働く」を豊かにする』をミッションに業績は拡大中。

(右)取締役 経営管理本部長  西山 真吾 様
(中)経営管理本部 財務・経理チーム IR担当  深山 舞夏 様
(左)経営管理本部 経営企画チーム  阿久澤 拓也 様
不安の8~9割が杞憂に。上場企業がオンライン株主総会を実施する上での失敗しないノウハウとは?
株式会社フィードフォース様 
【上場市場】東証マザーズ 【決算期】5月 【株主数】1,964名 【事業内容】2006年に創業。企業が保有する商品情報をインターネットで配信するための、データフィードサービスを展開。インターネット広告の運用や、SNSアカウントを利用したソーシャルログイン機能の設置サービスも提供している。2020年には広告代理店事業を展開するアナグラム株式会社を買収。B2B領域でイノベーションを起こし続け、『「働く」を豊かにする』をミッションに業績は拡大中。

(右)取締役 経営管理本部長  西山 真吾 様
(中)経営管理本部 財務・経理チーム IR担当  深山 舞夏 様
(左)経営管理本部 経営企画チーム  阿久澤 拓也 様

上場1年目にしてバーチャル株主総会を実現した、株式会社フィードフォース経営管理本部様を取材。Sharely(シェアリー)導入のきっかけや気づき、これからの株主総会に対する想いをご紹介します。(2020年10月取材)

上場して一年。初めての株主総会だからこそ、できるだけ多くの方に思いを届けたい。

―経営管理本部の体制と役割

株式上場したのが2019年の7月で、ようやく1年が過ぎました。我々が所属する経営管理本部は総務、IR、経理のチームがあり、多少属人的ではありますが、小規模で全体の把握がしやすい体制となっています。上場する前の総務・IR部門は上場準備が業務の大半を占めていましたが、上場後は適時開示や決算を含めた説明資料の作成など、ディスクロージャーに関する業務が中心です。経理や会計処理は以前から変わらず行っていますが、総務やIRの業務は何もかも初めてのことばかり。しかも今年に入って新型コロナウィルスによる大きな社会変化もあったので、常に「新しい業務」と対峙しています。

―株主総会について抱えていた課題や不安

株主総会も初めてで前年実績がないので、「何名くらいの株主の方がいらっしゃるのか」がまず不安要素でした。参加者の目安は信託銀行から教えてもらっていたのですが、新型コロナウィルスの出現によって全く見えない状況に…。株主が全く来なかった他社の株主総会の話も聞いていたので、「状況的に参加者の数は多くはなさそうだ」という予測はしていました。 一方で、初めての株主総会だからこそ、できるだけ多くの方に事業の説明をしたいと思っていたので、足を運びにくい状況でも参加していただける「外部配信」をセットする方向で検討していました。

不安の8~9割は杞憂に…リアルに比べオンラインは約10倍の視聴者が参加

―Sharelyに興味をお持ちいただいた経緯

Sharelyを知ったのは、当社の代表が新聞で見つけたことがきっかけです。もともと、バーチャルで株主総会を開催している企業が数社あることを知っていましたし、クオータリーで開催している決算説明会は、すでにZoomを使ってオンラインで行っていましたので、決算説明会の延長線上のイメージで、気軽にバーチャル株主総会を検討するようになりました。

―Sharelyを導入いただいた決め手

Sharelyの導入を決めた理由は、コスト面とサポートの心強さ。我々に株主総会のノウハウが貯まっていないので、当日までの準備は密にコミュニケーションを取りながら進めることになりました。「来年ではなく、今年からバーチャル株主総会を実行するんですか?!」と周囲から驚かれるくらい準備期間が短かったのですが、ZoomやSlackも連係し、シナリオの文言や株主の方へのプライバシーへの配慮など、細かいアドバイスがとても役に立ちました。

株主総会のノウハウはなかなか得られない。SaaS形式でのサポートが理想

―Sharely導入の効果

株主総会当日まで「接続が切れたらどうしよう」「何名くらいいらっしゃるのか」など様々な不安がありましたが、何事もなく無事に株主総会は終了しました。抱いていた不安の8~9割は杞憂に終わった印象です。株主2,000名に対して、オンラインでは80名くらいの方に視聴していただきましたが、会場に足を運ばれた方は10名を下回る水準。バーチャル株主総会がなかったら、これほど多くの方に聞いていただけなかったと思います。

―バーチャル株主総会運営時の気付きや工夫点

ただ、やってみて気づいたこともたくさんあります。音声のコードや集音性は事前に社内でリハーサルをして確認していたのですが、会場だと条件が異なるので想定以上に調整が必要でした。また、新型コロナウィルスの関係で、会場に複数のアクリル板が置いてあり、アクリル板に光が反射して慌てて対策することに…。機材に詳しいわけではないので、カメラや音声は事前準備が必要だと痛感しました。細かい話かもしれませんが、その場で改めて気づくことも多く、これからは改善を目指していきたいですね。

―今後Sharelyに期待すること

今回はSharelyのサポートを受けて開催に至りましたが、株主総会に関するノウハウを自社でも蓄積していきたいと思います。株主総会の開催は上場企業に限りますし、タイミングも年に一度きり。そのせいか、株主総会に関するノウハウや情報は調べてもなかなか手に入らないんです。株主総会に関するノウハウ提供は本当にありがたいです。また、株主の方からの問い合わせ対応なども含めて、将来的にはSaaSのような形でSharelyが利用できるといいかもしれませんね。

不安の8~9割は杞憂に…リアルに比べオンラインは約10倍の視聴者が参加

―Sharelyに興味をお持ちいただいた経緯

Sharelyを知ったのは、当社の代表が新聞で見つけたことがきっかけです。もともと、バーチャルで株主総会を開催している企業が数社あることを知っていましたし、クオータリーで開催している決算説明会は、すでにZoomを使ってオンラインで行っていましたので、決算説明会の延長線上のイメージで、気軽にバーチャル株主総会を検討するようになりました。

―Sharelyを導入いただいた決め手

Sharelyの導入を決めた理由は、コスト面とサポートの心強さ。我々に株主総会のノウハウが貯まっていないので、当日までの準備は密にコミュニケーションを取りながら進めることになりました。「来年ではなく、今年からバーチャル株主総会を実行するんですか?!」と周囲から驚かれるくらい準備期間が短かったのですが、ZoomやSlackも連係し、シナリオの文言や株主の方へのプライバシーへの配慮など、細かいアドバイスがとても役に立ちました。

この導入事例をPDFでダウンロードいただけます

フィードフォース様から、これからバーチャル株主総会を開催/検討される方へのメッセージもいただいております。メッセージも含めて、この導入事例全文をご覧いただけるPDFダウンロードはこちらから。(全4ページ)
バーチャル株主総会とは?

バーチャル株主総会(オンライン株主総会)とは?

「バーチャル株主総会」とは、取締役や株主らが一堂に会する物理的な「場所」を設けつつ、オンラインなどで繋いで遠隔地から総会に参加することもできる、という新たな開催方式を指します。具体的にはハイブリッド参加型/ハイブリッド出席型/バーチャルオンリー型の、3種類の方法があります。
「バーチャル株主総会」は、新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年より急激に検討が進み、2020年9月時点では、日本経済団体連合会(経団連)が、「新型コロナウイルス感染症の拡大を踏まえた定時株主総会の臨時的な招集通知モデルのお知らせ」を公表し、経産省でも「株主総会を開催するリアルの場所を設けつつ、オンラインなどでの参加/出席を認める株主総会を実施することは、現行法上可能」との声明を発表しています。
バーチャル株主総会の種類

バーチャル株主総会の概要

バーチャル株主総会の概要(ハイブリッド参加型/ハイブリッド出席型)
【期間限定】サービス資料をご希望の方に、
バーチャル株主総会事例集プレゼント
お問合せ/資料ダウンロードを頂いた企業様を対象に、サービスの提供開始を記念した「初年度利用料割引キャンペーン」も実施中!
バーチャル株主総会事例集2020
サービスの特徴

Sharely(シェアリー)の特徴

Sharelyでは、経産省の実務ガイドラインに準拠し、システム提供にとどまらず、招集通知の記載文章や当日のシナリオ作成など、バーチャル株主総会を成功させるベストプラクティスをご支援させていただきます。
シェアリーならバーチャル株主総会、出席型から参加型まで対応可能
参加型から出席型まで対応
ハイブリッド出席型にすることで、オンライン上でも議決権行使や質問を行うことができます。また、事前の投票結果と当日の投票結果の集計もスムーズに行うことができます。
シェアリーなら株主総会シナリオに合わせて対応可能
シナリオに合わせた利用
システムだけのご提案でなく、シナリオや業務設計も合わせて支援します。他社事例を踏まえ、経済産業省の実務ガイドラインに遵守した最適なシナリオ作成をサポートします。
シェアリーなら、株主総会提携業者(証券代行業者など)の変更は不要
既存提携業者の変更は不要
証券代行業者、招集通知印刷業者など、これまで提携していた業者のサービス利用を変更することなく、当社サービスを活用頂けます。
シェアリーなら、株主総会提携業者(証券代行業者など)の変更は不要
既存提携業者の変更は不要
証券代行業者、招集通知印刷業者など、これまで提携していた業者のサービス利用を変更することなく、当社サービスを活用頂けます。
今、サービス資料をご希望の方には、「バーチャル株主総会事例集」を無料プレゼント!
サービスのメリット

Sharely(シェアリー)をご利用いただくメリット

オンライン上で議決権行使や質問をすることを可能にすることで、地方や海外などに居住されている株主にも、より平等・公平な株主総会の開催が可能になります。
コインチェックのバーチャル株主総会支援サービスシェアリー
01
BCP対応
コロナ等の有事の際においても、ウィルス感染等のリスクを抑えて、 株主総会の開催が可能です。
02
PR効果
先進的な取り組みにも積極的であることや、個人株主への公平性などを重視する企業としてのブランディング・PR効果が期待できます。
03
株主の本人確認が簡単に可能
Sharelyでは、株主固有のログイン情報の入力が必要となります。本人なりすまし対策を実施しております。
04
議決権リアルタイム集計
事前議決権行使と当日議決権行使をスムーズに連携し、株主総会当日にリアルタイムで集計結果を出すことが可能です。
05
取締役/監査役のリモート参加対応
取締役/監査役等、株主様だけでなく、発行体企業様側の参加者、登壇者様もリモートで参加いただくことが可能な動画配信機能がございます。
06
当日のスムーズな運営サポート
株主からの質問受付・回答機能や、資料配布機能など、当日の運営に必要な機能を揃えております。
07
コスト削減・業務効率化
リアルの株主総会で発生する会場費、お水やお土産費、警備費、 運営人権費を削減できる可能性があります。
04
議決権リアルタイム集計
事前議決権行使と当日議決権行使をスムーズに連携し、株主総会当日にリアルタイムで集計結果を出すことが可能です。
今、サービス資料をご希望の方には、「バーチャル株主総会事例集」を無料プレゼント!
FAQ

バーチャル株主総会についてよくあるご質問

入場謝絶/通信途絶リスク

  • Q
    入場を控える様に招集通知に記載することは可能でしょうか?
    A
    表現については注意する必要がありますが、株主の入場を控えて頂く様に招集通知で周知することは適法と考えられま す。ただ、周知したとはいえ実際に来場した株主が会場に入れない、という対応をした場合に、決議取り消しの可能性が あります。
  • Q
    入場を控える様に招集通知に記載した場合に、通信途絶が発生すると、決議取り消し事由になりえますでしょうか?
    A
    物理的な場所での参加というオプションが与えられていれば、敢えてオンライン参加を選ぶ以上は通信途絶のリスクは株主 が甘受すべきとの解釈だが、入場謝絶の通知をする以上は、通信途絶が決議取り消し事由に該当し得ると考えられます。
  • Q
    入場を控える様に招集通知に記載した場合に、通信途絶が発生すると、決議取り消し事由になりえますでしょうか?
    A
    物理的な場所での参加というオプションが与えられていれば、敢えてオンライン参加を選ぶ以上は通信途絶のリスクは株主 が甘受すべきとの解釈だが、入場謝絶の通知をする以上は、通信途絶が決議取り消し事由に該当し得ると考えられます。

当日の議決権行使/実施の決定

  • Q
    事前の議決権行使をした株主が、当日も出席し議決権行使をした場合に、どの投票が有効になるのでしょうか?
    A
    当日参加した株主の議決権行使に関しては、事前の議決権行使をしている株主が当日出席する場合、事前の投票は無 効にして、当日の投票を優先する必要があります。
  • Q
    バーチャル株主総会を実施するにあたっては、株主への同意などは必要になるのでしょうか?
    A
    リアル株主総会に加え追加の出席手段として整理される場合には、実施にあたり株主の同意や株主総会の承認は不要です。 ただし、取締役会決議において、バーチャル出席の方法に関して決定する必要があります。
  • Q
    バーチャル株主総会を実施するにあたっては、株主への同意などは必要になるのでしょうか?
    A
    リアル株主総会に加え追加の出席手段として整理される場合には、実施にあたり株主の同意や株主総会の承認は不要です。 ただし、取締役会決議において、バーチャル出席の方法に関して決定する必要があります。
会社概要
住所
〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立
2012年8月28日
従業員数
168名 (2019年3月末時点)
代表取締役
蓮尾聡
代表取締役
蓮尾聡
ニュース

お知らせ

コインチェックがバーチャル株主総会をやる理由
バーチャル株主総会は法的に可能なのか
バーチャル株主総会とは?メリット・デメリットと注意点を解説
コロナによる株主総会への影響と対策方法を解説
バーチャル株主総会は法的に可能なのか